2009年05月20日

宮崎県綾町の照葉樹林を歩くA

aya09 033.jpg

吊橋の中央部には床が透けて見える演出が施されていて、スリル満点ですが、高所に弱い人にとっては背筋が寒くなるような耐えられない恐怖を味わうことになります。
大吊橋の上流には水面から約22mのところに「カジカ吊橋」が架けられていて、大吊橋の対岸から遊歩道を通って行くことが出来ます。
しかしながら、道中はかなり起伏が激しく、遊歩道と言っても自然に優しく造ってあるので人間にとっては反対に厳しいかもしれません。
大吊橋を何回も渡っている私にとっての今回の目的は、このカジカ橋周辺の散策です。
大吊橋から時計と反対周りで1周するコースを敬遠して、ちゃっかり出口から入って急坂を一気に150mほど下って行った先にカジカ橋と言う寸法です。
このコースだと、時間と距離が節約出来、一石二鳥です。
ただ、この反対周りは、出口から入ろうとしても、回転式ドアが逆方向には回らず、柵や金網で入られないようにしてありますので本当はNGです。
大吊橋から回るコースを取れば、カジカ吊橋を渡って急坂を上ると、大吊橋のエントランスに当る国道沿いの入口まで戻ることが出来ます。
カジカ橋を渡るのは、今回がはじめてです。
吊橋の上から見上げると、大吊橋が小さく見えています。
周囲の深い緑に銀色の吊橋が映えていて他では味わえない素晴らしい景観です。
下を見ると綾南川が前々日、降った雨で水かさを増して勢いよく流れています。
ここまで来たついでに河原へ下りられないか探したところ、遊歩道が下流の大吊橋に向かって延びていましたので、そこを下り途中から比較的容易に下りられるなだらかな傾斜の所からなんとか河原に出ることができました。
ここからだと、2つの吊橋がカメラに収められます。
posted by 日向夏 at 23:15| 宮崎 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。