2009年07月02日

都農町矢研の滝と尾鈴渓谷

090531 005.jpg

2009年5月31日(日)、早いもので5月も終わり、間もなく雨のシーズンを迎えます。
5月の休みはすべてウォーキングに費やしました。
5月最終月末の今日は宮崎県中央部に位置する都農町の尾鈴山の麓を歩きました。
尾鈴山と言えば滝で有名な所です。
2〜3日前の嵐でかなり雨量がまとまり迫力ある滝の写真が撮れると思いましたのでこのコースを選びました。
過去何度か訪ねていますが、大方は尾鈴キャンプ場に車を停めて、そこから歩いて20分弱ほどのところにある矢研(やとぎ)の滝を観に行き写真を撮ると言うパターンです。
尾鈴山系には30もの滝があると言われていますが、ヒザの状態が万全ではないため、恥ずかしながらまだ高地の瀑布群には到達していません。
今回も目指すは矢研の滝です。
ただ、今までと違うのは歩く距離です。
キャンプ場の駐車場に車を停めると、わずか20分弱のウォーキングで滝に着いてしまいます。
この日は、広域農道から尾鈴山への入口付近に「矢研の滝9km」と言う標識がありますが、その周辺に車を停めました。
ここからですと、滝までは2時間あまりかかるはずです。
しかも、最初のところを除けば大半は上りが続きます。
これだと十分私にとってのウォーキングになります。
ここでも歩くことによって新しい発見がありました。
滝を形作っている名貫(なぬき)川の渓谷をじっくり堪能することが出来ました。
posted by 日向夏 at 19:31| 宮崎 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。