2010年02月27日

バンクーバー五輪とともに冬が去る

DSC05553.JPG
 ヤブツバキの花
2月も27日、逃げ月と言われるほどアッと言う間に時が流れようとしています。
ここ3週間、話題をさらっていたバンクーバー冬季五輪も、女子フィギュアスケートが終わると同時に一遍に熱が冷めてしまったみたいです。浅田真央も頑張りましたが、韓国のキムヨナの完成された演技の前に、圧倒されて3回転半ジャンプを2回飛んで見せ場を作るのが精一杯でした。
キムヨナは目標の金メダルが取れたので、3月の世界選手権を最後にプロに転向するはず。
アマチュアでやっても目標を何に置くのか、モチベーションが上がらないでしょう。
それより金メダルの実績を引っさげて、欧米で人気があるアイスショーに進出した方が金銭的にははるかに大きな収入を稼ぐことが出来ます。一方、浅田真央はバンクーバーに大きな忘れ物をしてきました。
恐らく4年後は4回転ジャンプが話題の中心になっていることでしょう。バンクーバーで叶えられなかった金メダル奪取を目指して1からスタートですが、4年の間にどんな新星が出てくるか。
浅田にとり長く厳しい金メダルDSC05553.JPG奪還への道が始まります。
posted by 日向夏 at 21:14| 宮崎 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

ソフトバンクホークスキャンプ

ss 035.jpg
 キャンプ風景

2月24日でソフトバンクホークスの宮崎キャンプが終わりました。
今年は比較的天気に恵まれキャンプスケジュールも順調に進んだようです。
例年、2度、3度とキャンプ地に足を運び、プロの迫力あるプレーや練習光景を観て刺激を受けるのですが、今年はスケジュールがなかなか合わなくて、1度しかキャンプ地に足を運ぶことが出来ませんでした。
プロ野球は魅せるスポーツ。
一人ひとりの選手を観ていると、大きな身体ながら瞬発力、柔軟性、強靭さなどさすがだなあと感心させられることばかりです。
そんな素晴らしい肉体を持ち合わせていても、一流選手の仲間入りを果たすのはほんの一握りの選手だけです。
ましてイチロー選手や松坂投手のような超一流に到達する選手は、何千人に一人出るか出ないかと言うのですから、ほんとうに厳しい世界です。
それだけに必死でひたむきに練習に打ち込む選手達を観ているとファンは惹きこまれるのでしょう。
2月は私にとって身近でキャンプを観れますが、あとの11ヶ月はせいぜいテレビ観戦が関の山。
せっかくのプロのキャンプ。
行かないとなんか損したような気分になります。
posted by 日向夏 at 22:57| 宮崎 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

良い気候になってきました。

DSC05514.JPG
山桜も場所により満開

2月も下旬になりますと、ここ宮崎ではもう春です。
普通は桜が咲く頃が春の盛りで葉桜から5月の声を聞くころが春爛漫つまり春なのですが、宮崎の春はだいたい今頃から桜が咲く頃まででしょうか。
桜が散るとすぐ初夏を迎えます。
したがって、カレンダーを見ていると、宮崎の春は非常に短いような気がします。
郊外を歩くともう既に花々が咲き誇っています。
梅はそろそろ終わり、椿が満開を迎えています。
モモも濃いピンクの花を咲かせています。
畑では菜の花が黄色の花を付けています。
何もかもが色づき生命の息遣いを肌で感じることが出来ます。
3月になると、赤、白、ピンク、黄色ともっともっとたくさんの鮮やかな花々が至る所で私たちの目を楽しませてくれます。
宮崎に住むと、長くつらい冬と言う感覚はありませんが、セピア色の世界から虹色へ、パッと明るくなる町景色はやっぱり良いものです。
posted by 日向夏 at 21:27| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

ソフトバンクホークスキャンプ風景

canp 055.jpgcanp 116.jpg

2月の宮崎県は、プロ野球やサッカーなどキャンプが花盛りです。 
宮崎市では、南部の木花総合運動公園で読売ジャイアンツが、西部の生目の杜運動公園ではソフトバンクホークスがキャンプを張っています。また、県南部の日南市では広島カープ、日南市南部の南郷町では西武ライオンズがそれぞれキャンプを張っています。
今年は、西武ライオンズに菊池雄星投手が入団し多くのファンが訪れています。
今日2月22日は会社が休みでしたので、ソフトバンクホークスのキャンプ地である生目の杜運動公園まで歩いて行きました。
自宅からですと、約1時間30分の道のりです。
朝から風のない絶好のキャンプ日和に恵まれ、歩いている途中から汗が噴出してきました。
月曜日と言うことで、ファンはさほどでないだろうと、高をくくっていましたが、11時過ぎ到着した時にはもう既に駐車場は満杯状態でした。福岡、熊本、鹿児島など県外の車が目立っていました。
このキャンプ場はすべての施設が至近距離に集中していてキャンプには、最高の条件が揃っています。
ファンも本球場、第2球場、第3、第4グランドさらに投球練習場、雨天用屋内練習場を行ったり来たり、そんなに歩くこともなく手軽に、身近に選手達を観ることが出来ます。
特に、第2球場は、本球場とサイズが同じで、しかもグランドとほぼ同じ高さで選手の練習を観ることが出来ます。
目の前数メートルの所で選手達の息遣いを聞きながら練習を観ることが出来るのはキャンプならではの醍醐味です。
しかも、そんなキャンプ場に歩いて行くことが出来るのですから、私自身もうこれはラッキーとしか言えませんね。
posted by 日向夏 at 20:56| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

バンクーバー五輪はどう?

4年に1度の五輪、冬季オリンピックバンクーバー大会が中盤を迎えています。
ここまで日本勢はスピードスケート500mの長島、加藤の両選手と男子フィギュアスケートの高橋選手がメダルを手にしました。
銀一つに銅ふたつ。
日本の組織委員会の大会前の甘い甘い皮算用ではメダルは二ケタと言っていましたが、フタを開けてみればここまで4個。
まあこんなもんでしょうか。
後に残っている有望種目は女子フィギュアスケートくらいのもんですから、果たして金まで届くのか、浅田真央が今年は韓国のキムヨナに勝っていないので、非常に厳しい戦いになるのでしょうか。
ところで、韓国の序盤の活躍には驚かされました。
ショートトラックの強さには定評がありましたが、スピードスケート500mの男女金メダルには驚かされました。
確かに男子スピードスケート500mは韓国選手二人が優勝候補に挙げられていましたが、その金候補が二人ともこけて、勝ったのは伏兵の韓国3番目の選手です。
韓国の層の厚さはたいしたものです。
女子500mも優勝候補に挙げられていましたが、見事に五輪の舞台で男女の500を制する快挙をやってのけました。
韓国は冬季の五輪をまだ開いたことがありません。
日本は札幌、長野と2度の冬季五輪を経験しています。
韓国も日本に追いつき追い越せと、冬季五輪の開催地に名乗りを上げていますが、これまでショートトラック以外は、さして実績がなく、今回のバンクーバーや次回のソチ大会誘致で後塵を拝しました。
そこでメジャーなスピードスケートやフィギュアなどに力を入れて、その地道な努力が今回の五輪で実を結びました。
日本は不況でスポンサー企業が次々と廃部や競技スポンサーから撤退して競技力が頭打ちですが、韓国は国を挙げて競技の底上げを計っています。
また有力財閥のサムスンも冬季競技に力を入れています。
そのハイライトとなりそうなのが、大会の華・女子フィギュアのキムヨナです。
彼女はこれまで「韓国の妹」と言われていますが、この大会で韓国から世界のヒロインになれるか。
もっともメジャーな競技を制すれば、冬季五輪開催もグッと身近なものになるでしょう。
posted by 日向夏 at 21:22| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

背伸びダイエットのその後

DSC05475.JPG
 春の使者・椿の花

この間、背伸びダイエット1ヶ月で3kg痩せたと紹介しましたが、その後体重が動きません。
朝、昼、晩3回の食事の前に両手を頭上に上げて、息をはきながら背伸びをし、息を吸ってまた背伸びをする。
この間わずか約1分。
たったこれだけの動作で、効果が表れるのですからまさに金のかからない健康法です。
ただ、ここのところ、3日坊主的な自分の弱さが出て、少しズルしています。
そんなことが影響して体重の減少曲線にブレーキがかかっています。
ところで、今日はカナダ・バンクーバ冬季五輪のスピードスケート男子500mで日本の長島 圭一郎選手(27)が銀メダル、加藤条治選手(25)が銅メダルを獲得しました。
日本にとっては、今五輪始めてのメダルです。
ここは素直に喜びたいと思います。
と同時にこれを励みと刺激にして、もう一段ペースを上げてダイエットに取組みたいと改めて思いました。
posted by 日向夏 at 21:21| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

雨にストレスが溜まります。

2月の中旬を迎え、かなり暖かくなってきました。
しかし、天候がいけません。
このところ雨の日が多く、まもともなウォーキングが出来ずストレスがたまる一方です。
2月14日は、宮崎県西都市の山間部・尾八重集落にある樹齢500年を超えるツバキの巨樹で、県の文化財に指定されている有楽椿が花を付け、椿まつりが開かれると聞き、カメラを持って訪れるつもりでいました。
が、あいにくの天気で仕方なく取りやめました。
この椿は3年前から、見てみたいと近くまで行くのですが、何しろ道路状態が悪く、途中落石の危険があり、車では無理。
091123 010.jpg
危険大岩ゴロゴロ

したがって、国道19号線の尾八重集落入口から約20km以上の距離を歩いて椿の里を目指すも、なかなか目的地にたどり着けないでいます。
今回の祭りは、途中の集落・尾八重からシャトルバスで祭りの会場の椿の里に行くことが出来ると聞いていましたので残念です。
ただ、椿の花はまだしばらくは観ることができますので、もう一度徒歩で、この目で名物の椿の花を観るつもりでいます。
posted by 日向夏 at 21:24| 宮崎 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

雨に邪魔されてます

kibana 001.jpg
宮崎市の木の花ドーム


ここのところ雨が多いのは紹介しましたが、一昨日の11日は雨が降ったりやんだりの中、南寄りの暖かい空気が宮崎県地方に流れ込み、気温がグングン上昇、宮崎市で25度を超す夏日を記録しました。さらに南西の強風が吹き付け、宮崎市で瞬間最大風速が25m/sを超える強風を記録しました。気象台は南九州一帯に春一番が吹いたと発表しました。昨年が確か2月13日でしたので、ほぼ例年並みでしょうか。春一番は立春が過ぎて、南からの強風が吹くことを言いますが、ここ最近は、温暖化の影響で春一番と認定出来ない年もありましたが、やはり暦通りに季節が移ることがが体調には一番です。それでなくてもこれから4月頃までは急激な気候変化で、身体には負担がかかる時期です。私は少しで歩く距離を伸ばして、体力強化とダイェツト促進に取組みたいと思っています。
posted by 日向夏 at 23:20| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

今年は雨が多い!

canp 014.jpg
 のどかです!!

なんと言う天気でしょう。
朝方、出勤するときは雲っていて時折、太陽が雲の間から顔をのぞかせ、風がなくその上気温は昨日並みに高く4月下旬の陽気です。
そんな天気が昼前から動きだします。
一時は雲が切れ、今日は良い天気と思ったのもほんの一瞬、またしても雨が降ってきました。
夕方になるにつれ雨脚も激しくなる一方です。
春雷でしょうか。、時々雷鳴も轟きます。
1月から2月第一週の1日を除いては、ほとんど降水量がなく乾き切っていた宮崎大地ですが、ここにきて急に雨量が増えてきました。
はっきり季節の変わり目を感じることが出来ます。
野山の木々、道端の野草、梅の花から花へ飛び回り蜜を吸うメジロが生き生きしています。
ようやく春が・・・と思うだけで気分がウキウキしてきます。
posted by 日向夏 at 21:13| 宮崎 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月なのに何と暖かいのだろう

 canp2 014.jpg
サンマリンスタジアム宮崎
 
今日は2月9日。
まだまだ本格的な春は先なのですが、今日の暖かかったこと。
昼前から雨になりましたが、5月上旬の陽気のようです。
久しぶりの雨、乾いた大地に降り注ぐ雨のしずくから懐かしい土の匂いが漂ってきます。
こんな暖かな日は、少し長い距離を歩いても、膝のダメージはそんなにないと思いますが、ウィークデーは仕事。
週末まで、ロングウォークは出来ません。
ただ、週の後半はまた寒くなったり、雨との予報が出ています。
そろそろプロ野球のキャンプも中盤に突入します。
暖かくなるにつれ、ファンの動きも活発になり、動員数も増えてきます。
私にとり例年、2月は気がはやります。
健康のため、痩せるために歩かなければと思いながら、キャンプも観に行きたい。
花も咲いてきた写真撮りにも行かねばと、することが目白押しです。
posted by 日向夏 at 20:15| 宮崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

背伸びダイエット

canp 062.jpg

年が明けて正月気分も抜けた10日過ぎ、なんとなく午後のテレビのワイドショーを観ていたら、背伸びダイエットと言うモノを紹介していました。
説明によるとただ背筋を伸ばすだけの、至って簡単な方法です。
時間も1回1分ほど。
それを毎食前に行なうのがミソです。
観ていて、こんなに簡単な方法で体重が減るのかと、半分は疑っていましたが、非常にシンプルでしかも金がかからず、比較的短い期間で効果が表れるとのふれ込みでしたので、(効果なくても)モトモトと冷やかしでやってみることにしました。
あれから1ヶ月が経過、気楽な気持ちで始めましたので、実際に3食の前にやったのは半分にも達していません。
ところがどうでしょう。
ほぼ1ヶ月が経過した今日、計った体重が3kgも落ちているではありませんか。
これにはビックリしました。
ただ背筋を伸ばし、両手を思い切り上げて深呼吸をするだけの超カンタンな方法です。
考案者は医学博士・佐藤万成(かずなり)先生です。
先生が言うには、正しい背伸びをすることで成長ホルモンが3倍に増加し、脂肪を燃やすホルモンが出ることでダイエット効果が出ると言います。
佐藤先生の著書『医者が教える世界一ラクにやせる方法・背伸びするだけダイエット』では「背伸び」には7つの効用があるとされています。即ち
@体脂肪を減らし、ウエストが細くなる
A若返ることが出来る(アンチエイジング効果)
B免疫力・自律神経が正常化する
C背伸びをすることにより骨盤が閉じて身体のユガミがとれる
D腰痛・肩こりが消える!
E冷え性・便秘、鬱(うつ)病も改善
Fストレスなくストレス解消できる!
以上のように、このダイエット法の効果は抜群で、しかもリバウンドがありません。
痩せるだけではなく、若返り健康になると言うのですから一石何鳥の効果があります。
非常にカンタンですので、怠け者の私でも実際怠けながらやって少なからずの効果がありました。
動くのが億劫な方、出不精の方にはまさにピツタリ。究極のダイエット法です。是非試してみることをお奨めします。
posted by 日向夏 at 22:30| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

プロ野球宮崎キャンプ事情

canp 064.jpg
 ソフトバンクキャンプ

2月7日(日)、朝からどんより雲っています。
少し肌寒い1日になりそうです。
プロ野球のキャンプは、始めての日曜日を迎えました。
昨日の土曜日は、巨人軍のキャンプ地に2万8000人、日南市南郷町の西武ライオンズのキャンプには平日1000人来れば良いところに5200人の観客が来場したとのこと。
新人の人気者・菊池雄星投手がお目当てです。
昨年は、松坂大輔投手がWBC宮崎合宿前に調整で参加し、フィ−バーに沸きました。
一方、ソフトバンクホークスの宮崎キャンプに訪れた観客は1万2000人と新聞に書いてありました。
一昨年までは、2月のキャンプ期間を通してナンバーワンの動員数を記録していましたが、昨年から巨人軍にその座を奪われた格好です。
プロは人を集めてナンボの世界。
全国人気の巨人が、たとえキャンプと言えども昨年から観客動員でトップに返り咲いたのは、当然と言えば当然です。
一昨年までは宮崎のキャンプではソフトバンクホークスが、トップの座をキープしていました。
それも、中盤以降の週末は観客が4万人を超し、球場や付帯施設にはファンが殺到していました。
その原動力はやはり王貞治前監督の存在です。
昨年、今年の動員数をみて、いかに人気があったかそのすごさを改めて痛感しました。
posted by 日向夏 at 19:30| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなへこたれるな!!

shimin 020.jpg
梅を愛でるのも健康の一つ

今日2月6日は、毎年恒例の高校の同窓会がありました。
高校がある地元での開催ではありませんが、先輩後輩が約300名ほど集まり盛大に開かれました。
人数が多いのは、東京、名古屋、大阪、北九州、宮崎などそれぞれの地区にしっかりした同窓会支部組織があり、上は90歳代の大先輩から下は昨年春卒業したかわいい後輩まで年代を問わず集まるからです。
私たちの年代も多数駆けつけましたが、気になったのは同窓生の二人にひとりはどこかここか健康に不安を持っていると言うことです。
戦後の団塊世代が終わった後に生を受けた私たちの年代が丁度人生の曲がり角を迎えているがごとく、ここ2〜3年で病に侵された同窓生をたくさん見てきました。
原因はひとえに年齢からくる生活習慣病がいちばん多いようですが、若い頃の不摂生がたたって、糖尿病を患ったり、酒が原因で緑内障になったり、酒、タバコが止められず内臓を患ったりと、それぞれ年代特有の病に罹りみな苦労しているようです。
中には重病を患い、息を引き取った同窓生もいます。
今日久しぶりに多くの同窓生と再会して、健康の有難さを身に染みて感じました。
やっぱり、運動と食事には十分注意が必要なようです。
特に運動、現在おこなっているウォーキングを持続的に、無理せず行なうことが健康の秘訣と改めて思いました。
posted by 日向夏 at 00:30| 宮崎 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

梅園ウォーキング

shimin 004.jpg
紅梅の下を行く観梅客

2月に入り、節分、立春も過ぎました。
暦の上でも春を迎えています。
ただ少し寒いですね。
しばらくは、暖かい日と寒い日が交互にやってきます。
その合間に雨も多くなってきます。
一雨ごとに春めいてくるとも言えます。
そんな暖かな1日、今日は宮崎市東部、シーガイアに隣接している宮崎市市民の森の梅園を訪ねました。
この梅園は、1500坪ほどの広さがあり全部で200本ほどでしょうか、紅梅と白梅が植栽されています。
園内はほとんど平坦で、交通のアクセスも良いことから多くの観梅の客が訪れます。
平日は、老人ホームや養護施設のたくさんの患者さんが、マイクロバスでやってきます。
花を愛でるのは、屋外での気分転換にもなり、身体には大変良いのでしょう。
車イスに乗り、梅のトンネルをくぐりぬけるどの顔も和んだ優しい表情です。
梅園には、つきもののメジロが花から花を飛び移り、梅花のミツを吸っています。
まことに日本的な、平和な光景です。
posted by 日向夏 at 21:23| 宮崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

今年はあまり歩けてません。

zaron 033.jpg
  梅は満開です

足の具合がもう少しで、なかなか思うように歩けません。
今はまだ寒いので無理することもないかと、焦りはありません。
特に2月の立春から3月の彼岸の頃までは、三寒四温と言われるように暖かい日と寒い日が交互にやってきます。
体調面でも難しい時期です。
2月いっぱいは寒さに油断は禁物です。
そういえば、今晩のニュースで言っていましたが、北海道の占冠と言うところは、今日の最低気温がマイナス34、4度と、この冬最低気温を記録したとのことです。
マイナス30度を下回ったのもこの冬始めてらしいです。
マイナス30度はさすが経験したことはないですね。
マイナス20度なら、大型の冷凍庫の中ですが、30分ほどは何度も経験しましが・・・・。
ところで、北海道の札幌では雪祭りが開かれます。
明日5日から11日までの1週間に渡って、札幌の大通り公園などで雪像や氷像が多数展示され、たくさんの観光客が訪れます。
南の、雪の積もらない宮崎に住んでいるとそんな雪の祭典はまさに憧れです。
1度は実際に観てみたいと常々思っているのですが・・・。
posted by 日向夏 at 21:04| 宮崎 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

宮崎県営球場は、巨人のためだったが・・・

canp2 027.jpg
 宮崎県営球場


全国的に2月を迎え、ここ宮崎では春はもうそこ・・と言った雰囲気です。
プロ野球やJリーグ、J1などのサッカーチームがこぞってキャンプに入りました。
ここんところ、沖縄のキャンプ施設が充実してきて、プロの多くの球団が沖縄でキャンプを張っています。
宮崎と付き合いの長い読売巨人軍も来年から沖縄での1次キャンプをスタートさせます。
世間的には、2月は閑散期ですが、巨人軍のお陰で宮崎の2月はキャンプ見学のファンで溢れかえり、この世の春を謳歌しています。
それだけに、巨人軍が宮崎から沖縄にキャンプ期間をシフトすると死活問題で、行政や観光協会が食い止めに躍起になっています。
しかし、設備が整い宮崎と比べ、断然暖かい沖縄がキャンプ地として適しているのは火を見るより明らかで、行きたければ勝手にどうぞ!と、言いたいですね。
惚れた女のケツを追っかけても逃げるばかり。
宮崎には贅沢な室内練習場や運動公園の立派過ぎる施設は、巨人軍の意向が少なからず反映しています。
県の総合運動公園は県民の税金で造られています。
その象徴的なものが、サンマリン・スタジアム宮崎。
ですが、この球場に人が入るのは、2月のキャンプシーズンのみと言っても過言ではありません。
3万人も入る立派過ぎる球場が満員になるのは、1年を通して1日あるかないか。
こんな器があるのに、巨人軍は世話になっているこの球場で公式戦ひとつしようとしません。
高校野球と、2月と11月のほんの2ケ月足らずのキャンプ期間以外、この球場に観客が入ることはありません。
こんな無駄があるでしょうか。
外野のスタンド裏にいけば、そこは野バトの楽園。
辺り一面ハトのフンだらけで、吐き気を催します。
2階外側のコンコースには、球場を取巻くように売店のスペースが設けられていますが、ほんの2つか3つのブースが2、11月のキャンプ期間中と夏の高校野球期間中使用されていますが、その他のブースは全く使われることがありません。
外野のスタンド裏にもそんなブースが設けられていますが、恐らく永久に使われることはないでしょう。
何億、何十億の費用がかかったか知りませんが、民間の無駄の雄がシーガイアとすれば、公の代表格はこのサンマリンスタジアム。
壮大な無駄をペイすることは、全く不可能。
しかも、こんな素晴らしい球場がありながら、ここをメインに使う高校野球はと言うと、全く低迷しています。
開場当初は、両翼や左中間、右中間が広いため外野守備が格段に進歩すると予想されていましたが、効果は限定的。
全国大会に生かせていません。
こんな費用対効果を見ても割りの合わない球場ながら、県民の間から疑問の声が起こりません。
何故なのでしょう。不思議でなりません。canp2 027.jpg
posted by 日向夏 at 21:55| 宮崎 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

何故だろう? 健康

20100124 026.jpg 

 新聞販売店の作業環境は、今まで紹介してきたように現代の日本のごく一般的な企業の働く環境と比べ、月とスッポンほどの違いがあります。
多くの販売店は専業社員と言う名で従業員を雇い入れていますが、ほとんどの販売店は零細で、劣悪な環境のもとで従業員を雇っているのが現状で当然あるべき社会保険や福利厚生関係の最低限必要な制度も整っていません。
新聞がほとんど毎日発行されていますので、新聞販売店主に休みと言う概念は、希薄な気がします。
店主はそれでも一介の経営者ですので、仕方ありませんが、過酷な労働を雇っている従業員に対して強いるのは時代錯誤もはなはだしいと言わざるを得ません。
現に休日と言っても早朝2時か3時に起きて、新聞を配っての休日です。とても休日とは言えません。
そんな中でも経営者に文句ひとつ言えずに働く従業員がたくさんいます。
言えば世の中不況の真っ只中、たちまち失業してしまいます。
今の日本にこれほど劣悪な環境で働くことを強いられている人々がいると言うことを知っていただきたいと強く思います。
posted by 日向夏 at 20:53| 宮崎 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。