2010年11月03日

宮崎市西隣法華岳周辺散策

091027 028.jpg
  法華岳の紅葉
 写真のように、道幅がある割りには通る車が極端に少ないので注意を怠らなければ安全です。
この公園の最上部には標高830mの釈迦岳に通じる登山道が整備されています。
思えば、昨年の10月にこの山に登り、それまで傷めていた右ひざをさらに悪くした思い出があります。
ですから、今日は日本庭園までと決めていました。
この法華岳公園には紫式部の身投げの伝説や法華岳寺、グラススキーから下方には見事な桜の並木やシャクナゲ園、さらには自然公園などがあり、四季を通して多くの人々が訪れます。
今日は、たまたま月曜日で訪れる人もまばらな状態です。
ところで、日本庭園と言っても、有名で豪華な日本中に散らばる豪華なものではありません。
ごくごく平凡な日本式の庭園と言った方がしっくりきます。
休憩所や枯山水、小高い丘などがしつらえられていて、春は桜、秋は紅葉が楽しめます。
道中にはランタナなどの花々が植えてあります。
今回は、そんな国富町自慢の法華岳公園のほんの一部にスポットを当てて紹介しました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。