2010年11月05日

えびの高原は紅葉の季節

091027 052.jpg
六観音池御池
不動池とその斜面の真紅と化したカエデやハゼの木々類は、見ていて全く飽きが来ません。
また、太陽の明りで刻々と色が変わって行くエメラルドグリーンの不動池の不思議な魅力、最初に訪れた人が始めに発する感嘆の言葉「ワーッきれい!!」からえびの高原の旅が始まります。
今日は、たまたまラジオやテレビで紅葉情報が流されていたためか、不動池の駐車場はもちろん、道の両側には車がズラリと並び駐車するスペースがありません。
仕方なくレストハウス方面に下って行き、不動池から約1,5kmも行ったところにわずかなスペースを見つけて車を潜り込ませました。
紅葉鑑賞には県道に面した不動池から六観音池御池、右手に甑岳を見ながら、白紫池と辿るコースが一番適していますが、車から不動池までも、かなりの距離と勾配です。
「これも健康ウォーキング」と割り切って散策コースへと向かいました。
前日までは雨が降っていて気温も10度近くまで下がり肌寒かったそうですが、この日は太陽も照り、午後1時過ぎの気温は16度。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。