2009年05月15日

宮崎県日南市の南部訪問B

ookubo 086.jpgookubo 017.jpg

残念ながら?この日は人っ子ひとりいない貸し切り状態で存分に楽しむことが出来ました。
さて、これでこの日は十分なのですが、ツツジの園に来る途中に見かけた案内板が気になるのです。
「入道山の滝→」周囲は高い山が連なっています。
どんな滝か、どのくらい奥にあるのか、全く情報はありませんが、地形的に見ても名前が付いていることからもかなりの滝なのでしょう。
折角、ここまで来たのですから行って見ることにしました。
車が通るのがやっとの細い道がドンドン上っています。
民家がところどころにあり、塀や庭にはツツジを筆頭に色とりどりの花が咲いています。
沿道には宮崎名産の日向夏の実が、たわわになっていて強烈な香りが漂ってきます。
ツツジ園からは既に40分上りっぱなしです。
案内板が途中2ヶ所ありましたが、矢印だけで滝までの距離が全くわかりません。
かなりな勾配です。ちょっと脱落しそうです。
目の前には山が迫っています。
「どこかで道を聞かなくちゃ。」この辺りはビニールハウスが結構あり、人がいるらしくラジオの声が聞こえてきます。
一番山沿いで勾配のきつい坂道の脇にあったハウスの中に入っていきました。
すると、ご夫婦でしょうか、その奥にもう一人、日向夏の収穫に追われている最中でした。
「この辺りに滝があると聞いたのですが・・・。」
「あぁ〜滝ならこん山を上って向こう側に下りたとこんあるが・・・。かなりきちぃよ・・。」ご主人でしょうか、親切に教えてくれました。
「山の向こう側・・・・?」一瞬、たじろぎました。「有り難うございました・・・・・。」
山の向こう側とは尋常ではありません。たどり付けるのだろうか。
ズーッと坂道で足が重くなっています。
目の前の山も杉で覆われていてどこまで上ったら下りになるのか見当がつきません。
しかし、ここまで来たら引き返せません。
気を取り直して前進あるのみです。
時計は3時を指そうとしています。
帰りを考えたらギリギリの時間です。
幸い右ヒザは何ともありません。
気力をふりしぼり峠へ到着、後は下って行けば滝があるはずです。
そしてようやく、道端に立つ案内板を見つけました。到着です。
案内板の脇を林に入ると誘導ロープがあり、下りて行くと谷に出ました。
ところが、滝の気配がないのです。下流に行ってもありません。上流をみてもありません。
とてもとても滝があるような流れではありません。
一体どういうことでしょう。
そう思いながら上流に10mも進んだでしょうか。
ふと右側のガケを見ると、水が7〜8mの地点から岩を伝って落ちているではありませんか。
「何!これが滝か・・・。それにしても小さいのう・・・。」小さ過ぎてびっくりです。
拍子抜けです。
しかし、考えて見ますとこんな滝でも「入道山の滝」と言うちゃんとした名前が付いていて案内板も何枚も設置してあります。
地元の人に聞けばきっと謂われがあるはずです。
大きさはどうであれ地元の人々にとっては、昔から大切な滝なのでしょう。
とりあえず、目的は達しました。
さて、ここからは帰路です。
まず難関は、下ってきた山を上らなければならないことですが、峠を過ぎればあとは下り坂が延々と続くはず。
そして、日没まで3時間ちょっとでしたが、まだ明るいうちに車まで戻ることが出来ました。
2日間で約11時間、距離にして40q余りですが、新しい発見の連続、知らないことが何と多いことか、まだまだ歩かねばならないことを痛感しました。
往還馬場のいわれ
ここの道路、関所馬場通りは、昭和5年頃、下の県道開削まで主要街道であった。「おかんばば」と、愛称されて子供の遊び場であり、十五夜の綱引きや盆踊りなどの色々の催しが行われた所だった。平成6・7・8年に南平住民の努力で舗装整備された。
posted by 日向夏 at 00:21| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記健康が一番!愉しい山道散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。