2010年11月22日

宮崎県西都市の紅葉散策

091120 023.jpg
  西都紅葉
 そんな時でしたので至る所から水が滝のようにあふれていました。
尾八重渓谷も水量が多くまさに迫力満点の状態でした。
尾八重渓谷は、一ツ瀬川と合流するまでの約3kmは道路とほぼ平行に流れていますが、そこから上流は道がドンドン高度を上げ、30分も歩いた所では、渓谷がはるか下方を流れています。
その渓谷沿いには木々の間から真っ赤に変色したモミジが見え隠れしています。
思っていた通り、今が紅葉のピークのようで、たくさんのカエデが色を変えています。
しかし、渓谷がはるか下方を流れる最初の1時間ほどは、道沿いはイチョウや自然薯のツルなどの黄色が目立っていました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。